和式スタイル結婚式の魅力

白無垢や色打掛など日本の伝統的な衣装を着られる

近頃、人気の和式スタイルの結婚式ですが、その魅力の1つは美しい衣装です。白無垢や色打掛といった衣装は凜とした雰囲気や高い格式を感じさせますが、同時に滅多に着る機会がない衣装でもあります。白無垢は白一色のようですが、刺繍や織り方で様々な表情を見せる伝統的な衣装であり、昔の日本では太陽の光を象徴する色として白を神聖視していたことから白無垢には邪気を祓って花嫁を守るという意味が込められています。 一方、色打掛は豪華絢爛です。武家の女性の正装であったものが裕福な庶民に広がった経緯があり、懐剣や末広といった小物も当時の名残です。伝統に彩られた美しい衣装をまとい正式な作法に則って神社や寺院で結婚式を挙げる、日本の伝統文化を大切にしたい人と考えている人にとっても和式スタイルの結婚式は魅力的です。

格式のある落ち着いた雰囲気で挙式できる

和式スタイルの結婚式が魅力的なのはその雰囲気にあります。神社や寺院での結婚式は新郎新婦だけでなく両家にとってもゆったりとして落ち着いた上質な時間を送ることができます。神前式の参列者は基本的には近しい身内のため親戚であっても参列できない場合もあることから、ごく近しい人達だけでのアットホームな雰囲気になるのが一般的です。また新郎新婦も和装のため歩き方やお辞儀の仕方などが普段とは違う所作になるので、それがまた優雅で厳粛な雰囲気を演出することになります。静かでゆっくりと流れる時間の中での挙式は新郎新婦だけでなく参列者の心を落ち着かせる特別な時間であり、和の建築物や石庭、池などをバックにした写真は結婚式の厳かで格式の高い雰囲気をそのまま残すことができます。

結婚式が安い式場は、閑散期や平日限定のプランを用意しているところが多く、若年層の夫婦の間で支持が集まっています。